戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

受講単位の種類と取得方法

単位を取得するには?

 研修の単位は、参加した研修において主催者から受講シール(単位のシール)として配付されます。「薬剤師研修手帳」の該当する欄に貼付することで研修の記録を行います。
 ただし、受講シールの配付が行われない研修(グループ研修、自己研修、学会など)の単位については、「受講単位請求書(様式第10-1)」にて当センターに直接請求してください。請求方法については、以下を参照してください。

 

研修の種類に応じた手続きについては、以下の通りです。

1)集合研修・実習研修・特定講座研修

 受講シール(単位のシール)は、研修の実施機関より配付されます。

 

 ただし、国・地方公共団体の研修会や、「学会名鑑」に載っている学会に参加したが、受講シールを配付していなかった場合は、研修会終了後1か月以内に、「受講単位請求書(様式第10-1)」に必要事項を記入して当センターに直接請求してください。その際は、参加を証明するものとプログラム等を添付して、切手を貼り、宛名を記載した返信用封筒を同封して当センターに送付してください。
受講単位を請求できる学会については、以下を参照してください。

 

 請求方法については、以下を参照してください。

2)グループ研修

 研修会終了後、各人が、研修センターに受講シールを請求します。1研修会の参加報告が2時間に満たない場合は、他の研修会参加の報告とあわせて、合計研修時間に対する単位数が整数単位となるようにして提出してください(端数時間は切り捨てとなります)。
 グループ研修の単位の請求には、「受講単位請求書(様式第10-1)」を使用する方法と、薬剤師研修支援システムを使用する方法があります。詳しくは以下を参照してください。

3)通信講座研修

 主催する大学等が、通信講座修了と認めた者に対して受講シールを配付します。

4)自己研修

 学習後に、各人が「受講単位請求書(様式第10-1)」に必要事項を記入して、受講シールを請求します。1課題の研修報告が4時間に満たない場合は、他の課題の研修報告とあわせて、合計研修時間に対する単位数が整数単位となるようにして提出してください(端数時間は切り捨てとなります)。
 自己研修の単位の請求には、「受講単位請求書(様式第10-1)」を使用する方法と、薬剤師研修支援システムを使用する方法があります。詳しくは以下を参照してください。

ご不明な点は

 ご不明な点は、日本薬剤師研修センターへお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
03-3568-8201