戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

薬剤師研修支援システムに関するQ&A

薬剤師研修支援システムについての疑問をQ&A形式でお答えします。
お読みになって、わからないことやもっと詳しく知りたいことがありましたら、メールでご質問ください。

 

Ⅰ 薬剤師研修支援システムについて

Ⅰ-1 薬剤師研修支援システムとは何ですか?研修認定薬剤師制度との関係は?

薬剤師研修支援システムとは、薬剤師の生涯研修を支援するシステムです。
詳細は、以下のページを参照してください。

 

本システムでは、研修認定薬剤師制度対象の研修会に受講申込ができます。
本システムを利用して受講申込みから修了報告までされた研修は、本システム上で受講単位の交付がされ、受講履歴まで管理することができます。

 

研修認定薬剤師制度については、以下のページを参照してください。

Ⅰ-2 このシステムにアクセスするための環境等条件は?(どのようなブラウザからでも利用できるのでしょうか?)

このシステムは以下の環境で確認を行っています。

 

なお、推奨環境をご利用の場合でも動作を保証するものではありません。
お使いのパソコン固有の問題などにより、ご利用いただけないことがありますのでご了承ください。

Ⅰ-3 このシステムを利用するのに料金はかかりますか?

本システムのご利用は無料です。
ただし、利用するために必要な機器類及び本システムにアクセスするための回線料金やプロバイダ費用等は利用者のご負担となります。

 

また、各研修会を受講するには、別途費用がかかります。

Ⅰ-4 このシステムを利用すると何ができるのですか?

本システムを利用することにより以下のことができます。

 

<受講者用>

  • 研修会の受講申込み
  • 本システムで申込みした研修会の研修修了報告
  • 本システムで申込みした研修会の修了証及び受講単位シールの取得等
  • 本システムで修了報告した研修受講履歴の管理
  • 登録個人情報の更新

 

<研修実施施設・実施機関用>

  • 研修会開催申請
  • 受講者申込み受付・受講者予定者一覧の確認等
  • 開催した研修会の終了報告
  • 登録施設・機関情報の更新

Ⅰ-5 このシステムを利用すると、どのような研修の受講申込みができるのですか?

当研修センター主催研修会、e-ラーニング、VOD研修などの受講申込みができます。
研修会申込み方法等詳細は、それぞれの研修のご案内ページを参照してください。

Ⅰ-6 薬剤師関係団体等の会員でなければ利用できないシステムなのでしょうか?現在、勤務していなくても利用できますか?

本システムは、全ての薬剤師がご利用いただけます。
薬剤師関係団体等の会員でなくとも、現在、勤務していなくても、薬剤師であれば誰でも本システムに個人登録をしていただくことによりご利用いただけます。
個人登録の方法は、以下のページを参照してください。

 

2011.7.4より、登録販売者をはじめ薬剤師以外の医療従事者、医薬業界関係者の方も本システムに個人登録をしていただくことによりご利用いただけるようになりました。
詳細は、以下を参照してください。

Ⅰ-7 個人情報登録に関して、セキュリティの面で不安なことはありませんか?

薬剤師研修支援システムでは、セキュリティのためにTLSを使用しており、個人情報等は、暗号化技術で保護されております。
TLSについては次の回答8を参照下さい。

 

プライバシーポリシーについては、以下のページをご覧下さい。

Ⅰ-8 TLS対応とは?その対応で必要なことはありますか?

TLSとは、Transport Layer Securityの略で、情報を暗号化して送受信する決まり(プロトコル)のひとつです。
TLSを利用することにより、サーバーとクライアントPC間など一対の機器間で、認証、暗号化、改ざん検出が可能となるため、なりすまし、盗聴、改ざんなどのリスクを防ぐことができ、機密性の高い情報を安全にやり取りすることが可能と言われてます。

 

TLS対応のためには、対応ブラウザをご利用いただくほかに、ブラウザをTLS有効に設定していただくことが必要です。

 

TLSを有効にする方法は、以下の6ページ目を参照してください。

Ⅰ-9 薬剤師でなければ利用できないシステムなのでしょうか?登録販売者なのですが利用できますか?

2011.7.4より、登録販売者をはじめ薬剤師以外の医療従事者、医薬業界関係者の方も本システムに個人登録をしていただくことによりご利用いただけるようになりました。詳細は、以下を参照してください。

Ⅱ 薬剤師研修支援システムのご利用にあたって

Ⅱ-1 このシステムを利用するためには、先ず何をすればよいのでしょうか?

本システムを利用するには、まず新規登録(個人情報)登録をしていただく必要があります。

Ⅱ-2 新規登録(個人情報)登録は、どのようにすればよいのでしょうか?

新規登録からログインまでの流れは、以下のページを参照してください。

 

新規登録(大まかな登録の流れは)

  • STEP1:必要事項入力
  • STEP2:ご希望のパスワード等入力
  • STEP3:仮登録完了
  • STEP4:メール受信(本登録用URL)
  • STEP5:ユーザー正式登録(本登録)
  • STEP6:本登録完了
  • STEP7:ログイン画面へ

Ⅱ-3 新規登録(個人情報)登録には、Eメールアドレスが必要と聞きましたが携帯電話のアドレスでも大丈夫でしょうか?

携帯電話のEメールアドレスでの登録はできません。

薬剤師研修支援システムでは、登録確認や研修会案内・研修会申込受付確認など、重要なメールをご登録のEメールアドレス宛にお送りします。
携帯など文字数制限があるEメールアドレスで登録しますと、必要な情報を受け取ることができない可能性があります。

特に、現在「~~@ezweb.ne.jp」のメールアドレスをご利用のお客様より「仮登録完了メールが届かない」とのお問い合わせが多く発生しております。支援システムでの登録には、お使いにならないようお願い申し上げます。

Ⅱ-4 同じメールアドレスでもう一人登録は、できないのでしょうか?

薬剤師研修支援システムでは、登録確認や研修会案内・研修会申込受付確認など、重要なメールをご登録のEメールアドレスに送信する為、Eメールアドレスの重複は許可しておりません。
つきましては、他のメールアドレスのご利用をお願い申しあげます。

 

現在は無料のEメールアドレスもたくさんあり、信頼性が高いものもございます。
例:Yahoo!メールやMSNホットメールやGmailなど。

Ⅱ-5 新規登録(個人情報)登録するには、登録料・利用料など必要ですか?

登録料・システム利用料ともに無料です。
(本システムは無料で登録及びご利用いただけますが、利用するために必要な機器類及び本システムにアクセスするための回線料金やプロバイダ費用等は利用者のご負担となります)
また、各研修会を受講するには、費用がかかります。

Ⅱ-6 薬学生でも、このシステムを利用できますか?

薬学生及び薬剤師免許取得予定の方(薬剤師名簿登録番号をお持ちでは無い方)は、薬剤師名簿登録番号(薬剤師免許)を取得後に登録して下さい。
「薬剤師以外」として登録すると、免許取得後に、個人情報・受講履歴等をすべて削除して(元に戻すことは出来ません)、薬剤師として改めて新規登録(個人情報)登録をしていただくことになりますのでご注意下さい。

Ⅱ-7 仮登録完了メールが送られてこない。

「個人情報登録」→「ユーザーID・パスワード入力」→「個人情報登録完了(仮登録完了)」画面が表示されると直ちに仮登録完了メールが、本システムより自動送信されますが、受信できなかった場合は以下の原因が考えられます。

 

(1)メールアドレスが間違っている
→ 当研修センターにメールにてご連絡ください(氏名・生年月日・薬剤師名簿登録番号も記載の上、メールしてください)。

当研修センターにて仮登録完了情報を削除致します。その後、再度個人情報登録をお願いします。

 

(2)お客様のパソコンのメール受信機能でブロックされている
→ お使いのパソコンにインストールされているウィルス対策ソフトの機能等や、お使いのメールアドレス(Hotmail等)の迷惑メール処理機能等によって、本システムのドメイン(jpec.or.jp)等が誤って迷惑メールと判定され、「迷惑メールフォルダ」等に自動で振り分けられてしまうことがあります。
この問題を回避するには、迷惑メールフォルダの状況を確認し、必要に応じて「迷惑メール扱いされないための設定変更」を行います。Webメールでは、迷惑メールフォルダ内のメール保存期間が短いこともありますので、お早めの変更をお勧めします。
ご自身のパソコンの設定をご確認のうえ、本システムからのメールが受信出来るように設定変更後、当研修センターにメールにてご連絡ください(氏名・生年月日・薬剤師名簿登録番号も記載の上、メールしてください)。

当研修センターにて仮登録完了情報を削除致します。その後、再度個人情報登録をお願いします。

 

<参考:メールソフト>
Microsoft Office Outlook 2003の場合の手順
※[差出人セーフリスト]には、差出人の電子メールアドレスまたはドメイン名を追加できます。
1.[ツール]メニューの[オプション]をクリックします。
2.[初期設定]タブで、[電子メール]の[迷惑メール]をクリックします。
3.[差出人セーフリスト]または[宛先セーフリスト]タブをクリックします。
4.[追加]をクリックします。
5.[一覧に追加する電子メールアドレスまたはインターネットドメイン名を入力します。]ボックスに、追加する名前またはアドレスを入力し、[OK]をクリックします。
6.追加するそれぞれの名前またはアドレスについて、手順4.と5.を繰り返します。

 

<参考:プロバイダー>
例)Hotmailの場合の設定変更手順例
1.送信されたメールは、Hotmailの受信トレイではなく、迷惑メールのフォルダに入っていると思われますので、迷惑メールのフォルダを開いていただき、「公益財団法人 日本薬剤師研修センター(pess-admin)」から届いているメールをクリックしてください。
2.「不明な差出人からのメッセージです。 受信許可 | 受信拒否 」と表示されますので、「受信許可」をクリックしてください。
メールが開封されるとともに、このメールは受信トレイに移動し、以降は「公益財団法人 日本薬剤師研修センター(pess-admin)」からのメールが受信トレイに入ります。

 

※なお、迷惑メールのフォルダに振り分けられたメールは、5日後に削除されますので、すでに残っていない場合もあります。
この場合は、Hotamailの「オプション」で「差出人セーフリスト」を選択していただき、「許可する差出人またはドメイン」に、「@jpec.or.jp (半角英数)」を追加していただくことにより、以降の「公益財団法人 日本薬剤師研修センター(pess-admin)」からのメールは受信トレイに入るようになります。
その設定が終了後、当研修センターにメールでご連絡ください。

仮登録個人情報を削除後、メールでご連絡申し上げますので、再度個人情報登録をお願い致します。

 

例)Yahoo!メール - 迷惑メール扱いされないための設定変更手順

1.Yahoo!メールトップページ右上の[メールオプション]をクリック。
次画面で[フィルターと受信通知設定]をクリック
2.[追加]ボタンをクリック
3.フィルター名の入力欄に任意の文字を入力(例:薬剤師研修)
以下の条件に該当する場合の[Fromが]の右の入力欄に「jpec.or.jp」を入力
[を含む]の右はしにある▼をクリック、[で終わる]を選択
4.メールをフォルダに移動の移動先フォルダを、[フォルダを選択]の右はしにある▼をクリックし、[受信箱]をクリック
5.画面下部の[保存]ボタンをクリック

 

例)So-net - 迷惑メール扱いされないための設定変更手順

1.「迷惑メール振り分けサービス」-「パスリスト一覧」
2.「迷惑メール振り分けサービス」上部の[お申し込み・設定変更]をクリック
3.[設定状況の確認・変更]をクリック
4.[パスリスト新条件追加]をクリック
5.条件編集画面のfromに「jpec.or.jp」を入力、[含む]を選択し、[確認]ボタンをクリック

その他、セキュリティソフト又はご契約のプロバイダ側で迷惑メール扱いされないための設定変更

 

→セキュリティソフト(例:Norton、ウイルスバスター、McAfeeウイルススキャン等)が原因の場合、ソフトや設定によって対処方法が異なります。
詳細な設定変更等については、お手数ですがお使いのソフトのサポートセンターへお問合せください。

 

→ご契約プロバイダのサポートセンターへお問合せいただき、「@jpec.or.jp」からのメールを受信できるようにご申請ください。

Ⅱ-8 仮登録完了メールは届いたが本登録できない。

仮登録が完了してから4日間が経過した場合、メールに記載されている本登録用のURLは無効となります。
当研修センターにメールにてご連絡ください(氏名・生年月日・薬剤師名簿登録番号も記載の上、メールしてください)。

 

当研修センターにて仮登録完了情報を削除致します。その後、再度個人情報登録をお願いします。

Ⅱ-9 ユーザーID欄には何を入力すればよいのでしょうか?

ユーザIDは、薬剤師新規登録のStep2で入力した値になります。
(なお、通常は、Step1で入力されたメールアドレスが、ユーザIDに自動で入力されております。)

Ⅱ-10 ログインできない。

仮登録状態で本登録が完了されておりませんと薬剤師研修支援システムにログイン出来ません。
本登録完了後にログインしてください。

Ⅱ-11 本登録完了したが、ログインできない。

ユーザーIDまたはパスワードの入力ミスが推測されます。

 

ユーザーIDとパスワードの英数字の読み違え、また英字の大文字・小文字の違いをご確認ください。
また、ユーザーID・パスワードとも、半角英数でキーボードからの直接入力をお願いいたします。
(「コピー」→「貼り付け」機能はご利用にならないでください。コピー&ペーストをされますと、最後尾に空白文字が挿入されることがあります。この場合、間違ったIDやパスワードと認識されます)
なお、パスワードの覚え違い等でどうしてもログインできない場合は、次の回答12を参照下さい。

 

※パスワードにつきましては、セキュリティを高めるため当研修センターでも参照することはできません。そのため当研修センターにご連絡いただいてもパスワードを郵送する等の措置が取れません。
ご自身でパスワードの再発行手続きをお願いいたします。

Ⅱ-12 ユーザーID・パスワードを忘れてしまったのですが、どうすればよいのでしょうか?

すでに本登録完了の方は、本システムログイン画面「ユーザーID・パスワードを忘れた方はこちら」からユーザーID・パスワードの再発行を行うことができます。

 

※パスワードにつきましては、セキュリティを高めるため当研修センターでも参照することはできません。そのため当研修センターにご連絡いただいてもパスワードを郵送する等の措置が取れません。
ご自身でパスワードの再発行手続きをお願いいたします。

 

ユーザID・パスワードの再設定は、以下のページを参照してください(別ウィンドウで開きます)。

 

まだ仮登録の方(本登録がお済みではない方)は、当研修センターにメールにてご連絡ください(氏名・生年月日・薬剤師名簿登録番号も記載の上、メールしてください)。

 

当研修センターにて仮登録完了情報を削除致します。その後、再度、個人情報登録をお願いします。

Ⅱ-13 その他、利用上の注意事項はありますか?(「戻る」ボタンなどについて)

その他、利用上の注意事項

  • ブラウザの「戻る」ボタンは使用しないでください。
    使用された場合、エラーページが表示される場合があります。このため必ず本システム内で用意した[戻る][キャンセル]等のボタンを使用してください。
  • ログイン後に20分間操作を行わないと、セキュリティ保護のためセッション有効期限が切れ自動的にログオフされます。
    その場合は、一度ブラウザを閉じてから再度ブラウザを起動し、ログインしなおしてください。
  • Eメールアドレスが変わった時は、ログインして、メニュー「個人情報更新」から必ず更新してください。

Ⅱ-14 個人情報の認定薬剤師欄が、グレー表示のままで認定登録番号・認定期間が入力できません。どうすればよいのでしょうか?

「認定登録番号」および「認定期間」は、認定薬剤師証が届いてから1ヶ月以内に、自動的に支援システムに反映されます。
支援システムにログインし、「個人情報更新」メニューより確認をお願いします。

 

認定薬剤師証がお手元に届いてから1ヶ月経過後も、「認定登録番号」および「認定期間」の情報が更新されていない場合は、システムに登録されている「氏名(フリガナ)」、「生年月日」、「薬剤師名簿登録番号」に相違がある可能性がありますので、個人情報をご確認いただき修正をお願いします。
その上で、当研修センターにメールにてご連絡ください(氏名・フリガナ・生年月日・薬剤師名簿登録番号も記載の上、メールしてください)。

Ⅱ-15 個人情報の個人賛助会員欄が、グレー表示のままで個人賛助会員番号・有効期間が入力できません。どうすればよいのでしょうか?

「個人賛助会員番号」および「有効期間」は、賛助会員証が届いてから1ヶ月以内もしくは支援システム新規登録後1ヶ月以内に、自動的に支援システムに反映されます。
支援システムにログインし、「個人情報更新」メニューより確認をお願いします。

1ヶ月経過後も、「個人賛助会員番号」および「有効期間」の情報が更新されていない場合は、システムに登録されている「氏名(フリガナ)」、「生年月日」、「薬剤師名簿登録番号」に相違がある可能性がありますので、個人情報をご確認いただき修正をお願いします。
その上で、当研修センターにメールにてご連絡ください(氏名・フリガナ・生年月日・薬剤師名簿登録番号・個人賛助会員番号も記載の上、メールしてください)。

Ⅲ 個人情報変更に伴う手続き

Ⅲ-1 結婚による名前変更、引越により住所・電話番号などが変更になった場合は?

本システムにログインして、メニュー「個人情報更新」から該当項目を変更してください。
なお、すでに受講申込み済みの送付先につきましては反映されません。別途、当研修センターにEメール、FAXまたは郵便でご連絡ください(氏名・フリガナ・生年月日・薬剤師名簿登録番号も記載の上、メールしてください)。

Ⅲ-2 教材送付のある研修会を受講申込後、引越をして教材未受領です。送付先は引越し前の住所です。どうなるのでしょうか?

上記の旨を当研修センターへご連絡ください。
本システムからお申込いただいた後にお送りしている「研修会受講申込を受付けました」メール、及び引っ越し先の住所等を添えて、Eメール、FAXまたは郵便で当研修センターへご連絡ください。

Ⅲ-3 Eメールアドレスを変更したいのですが。

本システムにログインして、メニュー「個人情報更新」から該当項目を変更してください。
なお、新しいメールアドレスでメールを受け取れるようにご準備された上で変更してください。

 

メールアドレスが変わった時は必ず更新してください。
本システムでは、研修会案内・研修会申込受付完了メールなど、重要なメールをご登録のEメールアドレス宛にお送りします。

Ⅲ-4 ユーザーIDやパスワードを変更したいのですが。

変更ではなく再発行になります。

 

ログイン画面の「ユーザID・パスワードを忘れた方はこちら」からユーザーID・パスワードの再発行を行ってください。

 

ユーザID・パスワードの再設定は、以下のページを参照してください(別ウィンドウで開きます)。

Ⅲ-5 個人情報登録を削除したい場合はどうすればよいのでしょうか?

Eメール、FAXまたは郵便で、個人情報の削除を希望する旨とともに、氏名、薬剤師名簿登録番号、生年月日、ユーザーID・パスワードを研修センターまでお知らせ下さい。

 

なお、一度削除を行いますと、蓄積された研修受講履歴等も削除されます(元に戻すことができません)のでご了承下さい。

Ⅳ 研修会の受講申込から修了まで

Ⅳ-1 申込をするためにはどうすればよいのでしょうか?

まずは、個人情報を登録していただき、薬剤師研修支援システムにログインしてください。
個人情報新規登録からログインまでの流れは、以下のページを参照してください。

 

研修会申込の流れ(ログイン~申込みまで)
「ログイン」→ メニュー「研修会受講申込」→ 「検索条件入力」→ 「開催研修会一覧」でご希望の研修会の「詳細」→ 研修会情報詳細確認して「受講申込入力」。

 

詳細は各研修会の案内をご参照ください。

 

<参考>

 

※申込受付期間中で無い研修会は、研修会情報は表示されますが申込情報入力等はできません。申込受付期間中にお申込ください。

Ⅳ-2 申込時のクレジットカード決済・ペイジー決済又はコンビニ決済利用について

本システムでは、決済システムは三菱UFJニコスのEC決済ソリューションを利用しています。

 

●【クレジットカード決済】
利用できるカードは下記の通りです。
MUFGカード、DCカード、MUFGカード/UFJカード、NICOSカード、VISAカード、MasterCard、
DCカード 、MUFGカード/UFJカード、NICOSカード、VISAカード、MasterCard

<クレジットカード決済ご利用の注意事項>

  • 決済中にログアウト等しないでください。(決済を完了する前に、ログアウトしたり、同じユーザが別のウィンドウで薬剤師研修支援システムにログインしたりしないでください)
  • ログイン後に20分間操作を行わないとセキュリティ保護のためセッション有効期限が切れ自動的にログオフされますのでご注意ください。
  • 決済の画面を、右上の「×」ボタンで閉じないでください。
  • 決済手続きは、60分以内に完了してください。

 

※決済手続きを完了したにも関わらず、受講申込みがエラーとなる場合があります。
もし、決済手続きを完了したにもかかわらず、受講申込みがエラーとなった(エラーメールが届いた)場合は、当研修センターにメールにてご連絡ください。

 

●【ペイジー決済 】
Pay-easy(ペイジー)ロゴがついているATMでお支払いいただけます。
ペイジーの詳細については、以下のURLをご参照ください。

C:\Users\komizo\Desktop\PESS画面_受講申込みの支払方法選択\logo_PayEasy.gif
また、金融機関のインターネットバンキングのご契約をお持ちでしたら、ご契約口座から直接代金のお支払いが可能です。

ご利用いただける金融機関は、銀行(都銀・地銀・ゆうちょ)、信用金庫、信用組合、労働金庫などです(契約形態によっては、一部ご利用できない機関があります)。

 

●【コンビニ決済】

利用できるコンビニエンスストアは下記の通りです。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、セイコーマート、サークルK、サンクス

 

<ペイジー決済・コンビニ決済ご利用の注意事項>

  • お支払いの際に必要な入金番号は、決済画面でご確認いただけますが、三菱UFJニコスより送信される「ご入金用番号のお知らせ」メールでも確認できます。
  • 支払期限が過ぎますと、自動的にキャンセルとなりますのでご注意ください。
  • コンビニ店頭でのお支払いは、現金のみとなります。
  • 入金確認が出来てから申込完了となります。あらかじめご了承ください。

 

<三菱UFJニコス EC決済ソリューションご利用の注意事項>

  • 決済中にログアウト等しないでください。(決済を完了する前に、ログアウトしたり、同じユーザが別のウィンドウで薬剤師研修支援システムにログインしたりしないでください)
  • ログイン後に20分間操作を行わないとセキュリティ保護のためセッション有効期限が切れ自動的にログオフされますのでご注意ください。
  • 決済の画面を、右上の「×」ボタンで閉じないでください。
  • 決済手続きは、60分以内に完了してください。

 

※決済手続きを完了したにも関わらず、受講申込みがエラーとなる場合があります。
もし、決済手続きを完了したにも関わらず、受講申込みがエラーとなった(エラーメールが届いた)場合は、当研修センターにメールにてご連絡ください。

Ⅳ-3 研修会の受講票について

受講申込完了時に申込者宛に送信された「研修会受講申込を受付けました」メールを受講票とします。
そのメールを印刷して当日会場の受け付けまでお持ちください。

Ⅳ-4 修了報告(修了証・受講シールの取得・再取得手順)について

修了報告をすることにより、修了証・受講シールを取得できます。
研修会によっては、修了証が発行されない場合もありますので申込時の研修会詳細情報で確認してください。
修了報告の手順の詳細は、以下を参照ください。

 

受講シール(単位シール)は、お手持ちのプリンターで印刷し、薬剤師研修手帳に記録とともに貼付してください。

 

(1)修了報告パスワードについて
修了報告には、パスワードが必要です。パスワードの配布方法は以下のとおりです。

  • 自己研修用CD-ROMの場合は、全課程を終了すると修了IDと修了パスワードが教材画面に表示されます。
  • 講義研修などの集合型の研修会は、研修会開催時に配布します。
    (開催日数により配布する日が異なりますのでご了承ください。)

 

(2)修了報告期限について
期限を過ぎると修了報告ができないため、修了証・受講シールを取得できなくなります。
※修了報告は必ず期限内に行ってください。

 

(3)修了証・受講シールの紛失時の再発行
メニュ-「受講履歴」から、該当する研修会を選択することにより再取得可能です。
※修了報告済みであることが前提となります。
※詳細は、以下を参照ください。

Ⅳ-5 研修受講シールが印刷できませんでした。再発行の方法を教えてください。

修了証と受講シールの取得は、研修会修了報告を完了した時にその画面から取得できますが、修了報告を完了していれば、ご本人がいつでも再度取得することができます。
(修了報告には期限がありますが、一度、修了報告をされた研修会の修了証取得や受講シール取得に期限はありません。)

 

<手順>
1.薬剤師研修支援システムにログイン
2.左側の薬剤師メニューの中から「受講履歴」をクリック
3.修了報告済みの研修会が、リスト表示されますので、「表示」をクリック
4.受講履歴詳細が表示されます。
表示された詳細の下の方にある「修了証取得」又は「受講シール取得」をクリック
5.確認メッセージが表示されましたら「OK」をクリック
6.選択メッセージが表示されましたら「開く」をクリック
7.修了証又は受講シールが表示されます。
8.印刷

 

※詳細は、以下を参照ください。

Ⅳ-6 修了報告には期限があるのですか?

はい、全ての研修に対して期限が設けられていますので、研修会の詳細情報で確認してください。
期限を過ぎると修了証・受講シールを取得できなくなりますのでご注意下さい。

Ⅳ-7 修了報告の「評価表(研修の評価について)」

生涯学習における自己評価や、各機関での集合研修会評価に使用するものです。詳しくは、以下のページをご覧ください。

Ⅳ-8 領収書について

  • クレジットカード決済・ペイジー決済の場合:
    お振込みいただいた金融機関のご利用明細をもって領収書と代えさせていただいています。
  • コンビニ決済の場合:
    お支払い時にコンビニで発行される領収書が正規の領収書となります。

 

※当研修センター独自の領収書の発行はおこなっておりませんので、ご了承ください。

Ⅳ-9 「薬剤師研修支援システム」でのグループ研修・自己研修の受講単位請求について

研修認定薬剤師制度のグループ研修、自己研修の単位申請が、「薬剤師研修支援システム」で申請が可能となりました。
※詳細は以下のページを参照してください。

Ⅴ 受講取消しについて

Ⅴ-1 受講取消(申込キャンセル)は可能ですか?

申込研修会の実施機関へご確認をお願いします。
その際には、研修会承認番号、受講受付番号等をお知らせください。

 

当研修センター主催の研修の場合、受講申込み完了後のキャンセルは、原則、お受けしておりません。

 

  • 研修会開始日前のキャンセル
    原則、ご本人の死亡、重大な疾病などやむを得ない理由により受講困難となった場合を除いてはお受けできません。
    ※教材等の返送料、及び受講料返金に関する振込手数料は受講者の負担となります。
    ※受講料の返金は、教材等のご返送を確認し、受講取消処理が完了した後になります。
  • 研修会開始日以後のキャンセル
    お受けできませんので、あらかじめご了承ください。

Ⅴ-2 受講取消されたかどうかは、どのようにわかりますか?

取消された場合、メールによってその旨お知らせします。
ただし、メールが届いた時に必ずしも受講料返還が完了しているとは限りません。
ご不明な点は、申込研修会の実施機関へご確認をお願いします。

Ⅵ 研修会実施施設・実施機関用のご利用について

Ⅵ-1 本システムで研修認定薬剤師制度 認定対象集合研修会の開催申請ができるのですか?

はい、従来の郵送による申請方法に加え、「薬剤師研修支援システム」より集合研修会開催申請ができます。
具体的な実施方法には、【従来方法併用型】と【支援システム完結型】の2通りがあります。

 

<詳細>
薬剤師研修支援システムによる研修認定薬剤師制度 認定対象集合研修会開催に関する手続きについては、以下のページを参照してください。

 

  • 【従来方法併用型】
    手続きの概要については、以下を参照してください。

※本方法は、申請画面で「主催者が受講シールを配布する」を選択した場合のことであり、主催者は研修会の開催申請のみ支援システムで行います。受講シールは、研修会当日受講者に配布してください。

 

  • 【支援システム完結型】
    手続きの概要については、以下を参照してください。

※本方法は、申請画面で「受講者が支援システムより取得する」を選択した場合のことであり、主催者は研修会の開催申請・受講者の申込管理・終了報告等の手続きを支援システム上で行います。
受講シールは、主催者が配布するのではなく、受講者が自分で支援システムより取得(ダウンロード)します。

 

上記の「薬剤師研修支援システムによる研修認定薬剤師制度認定対象集合研修会開催に関する手続き」を必ずご確認ください。

Ⅵ-2 本システムで研修認定薬剤師制度 認定対象集合研修会を申請するために、まず必要なことは?

事前に、研修認定薬剤師制度に則り、研修会実施機関登録をする必要があります。
詳細は、以下のページをご覧ください。

 

なお、「薬剤師研修支援システム」を利用するには、必ず、パソコンで受信可能なEメールアドレスが必要となりますのでご準備ください。
実施機関登録が完了すると、本システムへログインするための仮登録書(実施施設・機関用ID・パスワード)を郵送します。仮登録書に記載されている実施施設・機関用ID・パスワードにより、本システムへの本登録および研修会種別許可申請(1回のみ)を行っていただきます。

 

<参考> 本登録・許可申請方法は、以下を参照してください。

Ⅵ-3 既に集合研修会実施機関登録は済んでいるのだが、仮登録書(実施施設・機関用ID・パスワード)をもらっていない場合は?

誠に恐れ入りますが、当研修センターにメールにてご連絡ください(実施機関・施設名称、実施機関コード、担当者、連絡先住所・電話番号も記載の上、メールしてください)。本システムへログインするための仮登録書を郵送します。

Ⅵ-4 研修認定薬剤師制度 認定対象集合研修会の開催申請のための、本システムへの本登録および研修会種別許可申請の手順は?

仮登録書に記載されている実施施設・機関用ID・パスワードにより、1回のみ行って頂きます。

 

具体的な入力方法は、以下を参照してください。

Ⅵ-5 本登録および研修会種別許可申請後の、具体的な集合研修会開催申請方法は?

本システムで集合研修会の開催承認申請をします。

 

手続き方法詳細については、以下のページを参照してください。

なお、研修会開催申請は従来どおり開催日の3週間前までにお願いします(開催申請料支払方法をコンビニ決済またはペイジー決済とした場合、入金確認がされた時点で、申請の受付となります)。

Ⅵ-6 本システムを利用しての、集合研修会実施方法には2種類あると聞いたのですが?

はい。【従来方法併用型】と【支援システム完結型】の2通りがあります。

 

  • 【従来方法併用型】
    手続きの概要については、以下を参照してください。

※本方法は、本システムの開催申請画面で「主催者が受講シールを配布する」を選択した場合のことであり、主催者は研修会の開催申請のみ支援システムで行います。受講シールは、研修会当日受講者に配布してください。
※従来方法併用型の開催申請の具体的な手順は、以下を参照してください

 

  • 【支援システム完結型】
    手続きの概要については、以下を参照してください。

※本方法は、本システムの開催申請画面で「受講者が支援システムより取得する」を選択した場合のことであり、主催者は研修会の開催申請・受講者の申込管理・終了報告等の手続きを支援システム上で行います。
受講シールは、主催者が配布するのではなく、受講者が自分で支援システムより取得(ダウンロード)します。
※支援システム完結型の開催申請の具体的な手順は、以下を参照してください

 

<参考>
薬剤師研修支援システムによる研修認定薬剤師制度 認定対象集合研修会開催に関する手続きについては、以下のページを参照してください。

Ⅵ-7 集合研修会開催申請料の支払(納入)方法は?

本システムで集合研修会の開催承認申請をした場合は、【クレジットカード決済】、【ペイジー決済】または【コンビニ決済】にて納入いただきます。申請料のみの入金です(振込手数料はかかりません)。
クレジットカード決済の場合は決済手続きが完了した時点で、ペイジー決済・コンビニ決済の場合は入金確認がされた時点で、開催申請の受付となります。(研修会開催申請は従来どおり開催日の3週間前までにお願いします)
※本システムでは、決済システムは三菱UFJニコスのEC決済ソリューションを利用しています。

 

●【クレジットカード決済】
利用できるカードは下記の通りです。
MUFGカード、DCカード、MUFGカード/UFJカード、NICOSカード、VISAカード、MasterCard、
DCカード 、MUFGカード/UFJカード、NICOSカード、VISAカード、MasterCard

<クレジットカード決済ご利用の注意事項>

  • ログイン後に20分間操作を行わないとセキュリティ保護のためセッション有効期限が切れ自動的にログオフされますのでご注意ください。
  • 決済の画面を、右上の「×」ボタンで閉じないでください。
  • 決済手続きは、60分以内に完了してください。

 

※決済手続きを完了したにも関わらず、開催申請がエラーとなる場合があります。
もし、決済手続きを完了したにも関わらず、開催申請がエラーとなった(エラーメールが届いた)場合は、当研修センターにメールにてご連絡ください。

 

●【ペイジー決済 】
Pay-easy(ペイジー)ロゴがついているATMでお支払いいただけます。
ペイジーの詳細については、以下のURLをご参照ください。

C:\Users\komizo\Desktop\PESS画面_受講申込みの支払方法選択\logo_PayEasy.gif
また、金融機関のインターネットバンキングのご契約をお持ちでしたら、ご契約口座から直接代金のお支払いが可能です。

ご利用いただける金融機関は、銀行(都銀・地銀・ゆうちょ)、信用金庫、信用組合、労働金庫などです(契約形態によっては、一部ご利用できない機関があります)。

 

●【コンビニ決済】

利用できるコンビニエンスストアは下記の通りです。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、セイコーマート、サークルK、サンクス

 

<ペイジー決済・コンビニ決済ご利用の注意事項>

  • お支払いの際に必要な入金番号は、決済画面でご確認いただけますが、三菱UFJニコスより送信される「ご入金用番号のお知らせ」メールでも確認できます。
  • 支払期限が過ぎますと、自動的にキャンセルとなりますのでご注意ください。
  • コンビニ店頭でのお支払いは、現金のみとなります。
  • 入金確認が出来てから申込完了となります。あらかじめご了承ください。

 

<三菱UFJニコス EC決済ソリューションご利用の注意事項>

  • ログイン後に20分間操作を行わないとセキュリティ保護のためセッション有効期限が切れ自動的にログオフされますのでご注意ください。
  • 決済の画面を、右上の「×」ボタンで閉じないでください。
  • 決済手続きは、60分以内に完了してください。

 

※決済手続きを完了したにも関わらず、開催申請がエラーとなる場合があります。
もし、決済手続きを完了したにも関わらず、開催申請がエラーとなった(エラーメールが届いた)場合は、当研修センターにメールにてご連絡ください。

 

<参考>
薬剤師研修支援システムによる研修認定薬剤師制度 認定対象集合研修会開催に関する手続きについては、以下のページを参照してください。

Ⅵ-8 本システムで申請した集合研修会が変更になった。どうすればよいのでしょうか?

●本システムより研修会開催承認申請の審査結果メールが届いていない場合は、変更事項(実施機関名称、実施機関コード、研修会開催日もお知らせ下さい)を当研修センターにメールにてご連絡ください。

 

●研修会開催承認申請の審査結果メールが届いている場合は、下記の手順をお願いします。
なお、変更により生じた受講希望者への対応等は、各実施機関・施設にてお願いします。

 

<手順>
1.「薬剤師研修支援システム」の「実施施設・機関用ログイン画面へ」よりログインして下さい。
2.「開催情報変更・再申請、印刷」メニューを押し、訂正する研修名の右側にある「詳細」ボタンを押して下さい。
3.表示された画面一番下の「変更モード」を押した後で、訂正箇所の変更をお願いします。それから、同じ画面上の「●その他」の欄にある「備考(申請機関から)」の箇所に本訂正内容を記載して下さい。
4.下部の「次へ」のボタンを押し、登録内容を確認の上、再申請して下さい。

Ⅵ-9 本システムで申請した集合研修会が中止になってしまった。

●本システムより研修会開催承認申請の審査結果メールが届いていない場合は、中止の旨(実施機関名称、実施機関コード、研修会開催日も併せて必ずお知らせ下さい)当研修センターにメールにてご連絡ください。

 

●研修会開催承認申請の審査結果メールが届いている場合は、下記の該当する方法にてお願いします。
なお、中止により生じた受講希望者への対応等は、各実施機関・施設にてお願いします。

<【従来方法併用型】(手続きの概要)で申請した研修会の場合>

  • 受講シール等が届いて無い場合は、中止の旨(実施機関名称、実施機関コード、研修会開催日も併せて必ずお知らせ下さい)を当研修センターにメールにてご連絡ください。

 

  • 受講シールが届いている場合は、中止の旨を記載したものと、受理書・終了報告書・受講シール等をそのまま研修センターへ郵送等にてご返却ください。
    【従来方法併用型】の手続きの概要については、以下を参照してください。

 

<【支援システム完結型】(手続きの概要)で申請した研修会の場合>

  • 中止の旨(実施機関名称、実施機関コード、研修会開催日も併せて必ずお知らせ下さい)当研修センターにメールにてご連絡ください。

 

【支援システム完結型】の手続きの概要については、以下を参照してください。

Ⅵ-10 代表者や実施機関・施設本部の連絡先が変更になった場合は?

ご自身で修正ができます。本システムにログインし、以下を参照のうえ、変更してください。

 

なお、研修認定薬剤師制度 集合研修会実施機関の場合は、上記変更手続きとともに以下の様式の郵送もお願いします。

Ⅵ-11 実施施設・機関用ID・パスワードがわからなくなってしまった。

当研修センターにメールにてご連絡ください。(実施機関・施設名称、担当者、連絡先住所・電話番号も必ず記載の上、メールしてください)。

支援システム管理会社にて確認後、メールにてお知らせします。ただし、パスワードを変更されていた場合は、本登録時のパスワードに戻ります。(パスワード変更などは、本システムにログイン後、必要に応じて再度、変更してください。)

 

<参考>

Ⅵ-12 「開催承認申請が取り消された研修会に対して、ネット決済/コンビニ決済された可能性があります。」というメッセージが届きました。

もし、決済手続きを完了したにも関わらず、開催申請がエラーとなった(エラーメールが届いた)場合は、当研修センターにメールにてご連絡ください。(研修会開催日、実施機関・施設名称、担当者、連絡先住所・電話番号も必ず記載の上、メールしてください。)

 

※決済手続きを完了したにも関わらず、開催申請がエラーとなる場合があります。 以下が原因と推測されます。

  • 決済手続きに60分以上要したため。

Ⅶ 薬剤師研修支援システム上でのWebテストについて

Ⅶ-1 Webテストとは?

インターネットにつながっている自宅等のパソコンを使って受ける試験のことです。
現在は、6年制カリキュラム対応研修の成果確認のためのWebテストを実施しています。

Ⅶ-2 Webテストの種類はいくつもあるのですか?

結果を合否で判定する判定Webテスト(合否判定テスト)と、結果を優、良、可、残念で判定する成果確認Webテスト(確認テスト)があります。

Ⅶ-3 Webテストを受けるにはどうすればよいのですか?その際、注意することはありますか?

薬剤師研修支援システムから受験申込後、受験できます。手順は下記の通りです。
<申込手順>

1.「薬剤師研修支援システム」に本登録したユーザIDとパスワードでログイン
2.メニューの[Webテスト申込]をクリック
3.申込したいWebテストの[詳細]をクリック
4.表示された詳細画面で、画面の一番下の「次へ」をクリック
5.表示された確認画面の一番下の[申込]をクリック。
6.ネット決済画面に遷移しますので、画面に従い、決済を完了してください。
7.申込完了メールが届きます
※お申込完了後、「薬剤師研修支援システム」のメニュー「Webテスト受験」より受験出来ます。

<受験手順>

1.メニューの[Webテスト受験]をクリック
2.受験したいWebテストの[詳細]をクリック
3.表示された詳細画面の一番下の[受験する]をクリック

 

《注意事項》

  • 試験を開始したら、途中で停止や中止はできません。
  • 試験開始後にブラウザを閉じてしまったり、パソコンの電源を切ってしまった場合は、試験結果が正しく計測できません。また、開始されたテストを再受験することはできません。
  • 受験可能期間を過ぎると受験できなくなってしまいます。

Ⅶ-4 Webテストとはどのようなものなのか、まず試すことはできますか?

Webテストお試し版を用意しています。無料です。ただし、お試し版の成績は、有料のテストの成績とは無関係とします。申込、受験手順は「Ⅶ-3」をご覧下さい。

Ⅶ-5 Webテストは受験申込後、受験回数や期間が決められているのですか?

テストによって決められます。受験期間は申込日から受験期限日までです。
受験期限日は、薬剤師研修支援システムからWebテスト受験メニューをクリックし、受験するテストの詳細ボタンをクリックしたあとの画面上で確認できます。
6年制カリキュラム対応研修の成果確認のためのWebテストの場合、成果判定Webテスト(合否判定テスト)は、受験申込後1ヶ月以内に1回限り、成果確認Webテスト(確認テスト)は、受験申込後1年以内に5回まで受験することができます。

Ⅶ-6 受験時間は?

テストによって変わります。受験を「Start」する画面に掲載しています(テスト受験確認画面)。
6年制カリキュラム対応研修の成果確認のためのWebテストの場合は、1時間と決められています。

Ⅶ-7 テストの評価(合格点や優・良・可・残念の基準)は?

テストによって変わります。受験を「Start」する画面に掲載しています(テスト受験確認画面)。

Ⅶ-8 テストの結果はどのように知らされますか?

合否判定テストの場合は、「合格」のみ結果通知メールが送信されます。確認テストの場合は、テストを終える度に当該回の評価と総合評価(受験した中で最高点の回)が表示された結果通知メールが送信されます。また、薬剤師研修支援システムのWebテスト受験履歴からも確認(再送信)できます。

Ⅶ-9 受験料はかかるのですか?

テストによって変わります。6年制カリキュラム対応研修の成果確認のためのWebテストの場合、合否判定テストは2,057円、確認テストは4,115円です。

Ⅶ-10 受験期間内に受験できなかった場合の受講料は?

受験期間内に受験されない場合は、自動的に無効となります。受験料の払い戻しはできません。

Ⅶ-11 受験するための条件はあるのですか?

テストによって変わります。
6年制カリキュラム対応研修の成果確認のためのWebテストの場合は、①日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師であること、②平成19年度~23年度実施の新カリキュラム対応研修(自己研修CD、講義研修、実務研修)、6年制カリキュラム対応自己研修(改訂版)CDのいずれか又は6年制カリキュラムに準拠した病態・薬理シリーズ研修を受講済みであることです。
新カリキュラム対応研修 講義研修、新カリキュラム対応研修 実務研修、6年制カリキュラム対応自己研修(改訂版)CD 、6年制カリキュラムに準拠した病態・薬理シリーズ研修は、修了報告を完了している必要がありますが、新カリキュラム対応研修 自己研修CDについては修了報告未了でも可となっています。

 

(注)6年制カリキュラムに準拠した病態・薬理シリーズ研修とは、2009年度以降に実施された「病態と薬理を理解して薬学的ケアを実践する」研修が相当します。