戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

研修認定薬剤師になるには

研修認定薬剤師になるための流れは以下のとおりです。
認定薬剤師になるには

薬剤師研修手帳の入手

研修認定薬剤師の認定に必要な単位を記録するため、「薬剤師研修手帳」を購入します。

認定の対象となる研修

 認定の対象となる研修には、次のようなものがあります。

1)集合研修・実習研修

 当センター主催の研修会をはじめ、日病薬や日薬及びその支部等、集合・実習研修会実施機関として登録されている団体が行う研修会です。いずれも集合・実習研修会実施機関が事前に「研修会開催計画書」を研修センターへ提出し、受理された研修会をいいます。

 また、集合研修は座学のみならず、ビデオ・インターネットなどを用いて実施されるものもあります。
研修会に参加するためには、原則として、予め実施機関への受講申込が必要です。
なお、当センター主催の研修会には、「薬剤師研修支援システム」からお申込いただける研修会もございます。

 なお、具体的にどのような研修が実施されているかについては、以下を参照してください。

 

 さらに、国・地方公共団体の研修会や学会も集合研修となる場合があります。集合研修として扱われる学会は、「学会名鑑」に登録されているもののみです。詳しくは以下を参照してください。

2)特定講座研修

 集合研修、実習研修と同様、事前に研修センターへ「研修会開催計画書」を提出し、受理された研修会で、下記の条件を全て満たす研修をいいます。
 (1) 計画された研修期間を通して、毎日(休日を除く)行われる研修であること。
 (2) 研修目的に対してそのカリキュラムが確立されていること。
 (3) 研修時間は30時間以上とする。
 (4) 研修習熟度を確認する手段が研修内容に含まれていること。
 (5) 修了証が交付されること。
 (6) 実習を伴う場合は、実習成果等に関する報告書提出が義務付けられていること。

3)グループ研修

 集合研修や実習研修に該当しない研修で、複数人数で行った研修会をいいます。例えば、薬局内の勉強会や企業による新薬説明会などです。また、日病薬や日薬及びその支部等の研修会でも、研修センターが事前に受理していない研修会(会場で受講シールの配布がない研修会)や、「受講単位を請求できる学会について」に当てはまらない学会・集会は全てこの扱いとなります。

 グループ研修に該当する研修は、自己研修としても報告することが可能です。

4)通信講座研修

 大学等が行う通信講座で、集合研修と同様、事前に研修センターへ「研修会開催計画書」を提出し、受理された研修会をいいます。

5)自己研修

 集合研修や実習研修に該当しない研修で、個人が書籍・雑誌及びテレビ、ビデオ、インターネット等、視聴覚器の活用により医学・薬学関連分野の学習をした場合をいいます。

認定に必要な単位を集める

研修認定薬剤師として認定されるためには、必要な単位を取得する必要があります。

認定の新規申請・更新に必要な単位

認定の新規申請

 最初の申請は4年以内に40単位以上(各年5単位以上)を取得することにより認定薬剤師の申請ができます。

認定の更新

 認定を取得した後は、3年毎に更新を受ける事になります。この3年間では30単位以上(各年5単位以上)の取得が必要です。

研修で取得できる単位数

単位の取得については、以下の図を参考にしてください。
研修で取得できる単位数

 

 以下に詳しく説明します。
 なお、以降で説明する 「一期」とは、認定されてから、次の申請までの期間のことです。新規申請(4年以内に受講)の場合は4年、更新申請の場合は3年を指します。

1)集合研修・実習研修

取得可能な単位数

集合研修:1単位/1.5時間、1-4単位/1日(ただし、6単位/2日、9単位/3日まで)
実習研修:1単位/2時間

 

認定薬剤師申請の際に計算される単位数について、集合研修は、取得単位数に制限はありません。実習研修は、年間5単位までとなっています。
(全国各地で、集合研修は年間約13,000件、実習研修は年間約200件開催されています。)

2)特定講座研修

取得可能な単位数

座学:集合研修10単位、15単位、上限は20単位

  (1日のプログラム修了を集合研修2単位と考える)

実習:1週間(5日間)のプログラム修了を実習研修2単位とし、上限は5単位

 

ただし、単位は出席率80%以上で、習熟度確認(テスト等)を受けることにより交付されます。出席率が80%未満の場合は自己研修若しくはグループ研修の扱いとなります。

3)グループ研修

取得可能な単位数

1単位/2時間

 

取得単位数に制限はありませんが、認定薬剤薬剤師申請の際に計算される単位数は一期5単位までとなっています。

4)通信講座研修

取得可能な単位数

年間約15単位

 

取得単位数に制限はありませんが、認定薬剤師申請の際に計算される単位数は、一期15単位までで、それ以上の単位についてはグループ研修若しくは自己研修の扱いとなります。

5)自己研修

取得可能な単位数

1単位/4時間

 

取得単位数に制限はありませんが、認定薬剤師申請の際に計算される単位数は、年間5単位までとなっています。