戻る

薬剤師研修支援システム

 

e-ラーニング 病態・薬理シリーズの受講申込方法等について

注意事項(お申込みの前に必ずお読み下さい)

研修の内容について

・本研修は、日本薬剤師研修センター主催で開催した「病態と薬理を理解して薬学的ケアを実践する」研修会を収録したものです(研修会名称(疾患名)・収録日が同じものは、同一の研修会です)。

メール受信について

・お申し込みは薬剤師研修・認定電子システム(PECS)より行っていただきますが、同システムからの自動送信メール含めて、メールは全て薬剤師研修・認定電子システム(PECS)にご登録されたアドレス宛に送信されます。@以下が「jpec.or.jp」となっているメールを確実に受信できる設定(迷惑メールに振分けられたり、自動的に削除されたりしないような設定)にして下さい。

動画再生について

・お申し込みの前に下記ページに掲載している「ストリーミング型」の推奨環境を確認し、お試し版にて再生を確認して下さい。

免責事項

・コンテンツは、定時メインテナンスの他に不定期なメインテナンスやシステム改良等のため予告なしに配信を中断、あるいは削除することがあります。

・ご利用中に申込者(利用者)もしくは第三者に対し直接・間接的に生じた損害に関して、当財団は責任を負わないものとします。

受講申込手順

※「薬剤師研修・認定電子システム(PECS)」よりお申込いただく研修です。
※定員のあるものは、定員になり次第、受付締切となります。

1)薬剤師研修・認定電子システム(PECS)にログインします。

個人情報登録(新規登録)をされていない方は、まず登録をお願いします(1回のみ)。新規登録(個人情報登録)の方法は以下を参照してください。

2)「受講・受験申込」メニューをクリック後、表示された画面で「研修会種別」のみ「e-ラーニング(日本薬剤師研修センター主催研修会)」を選択し、「検索」ボタンを押して下さい。

3)「開催研修会・試験一覧」が表示されます。お申込み希望研修会の「詳細」ボタンをクリックすると研修会詳細や申込受付期間が確認できます。
※申込受付期間外での申し込みは出来ませんのでご注意下さい。情報は決定次第、順次掲載します。

4)表示された画面上で受講料支払方法を選び、必要事項を入力の上、登録を完了し、受講料を納めてください。
※講演要旨集の発送までに3週間程度、時間がかかることがあります。余裕をもってお申し込みください。

受講料(講演要旨集、送料込)

・「高血圧症」の場合

   1研修会につき 4,400円(本体 4,000円+税 400円)

・「国際感染症Ⅰ」、「国際感染症Ⅱ」、「国際感染症Ⅲ」、「大腸がん」の場合

   1研修会につき 6,600円(本体 6,000円+税 600円) 

 

※一旦お申込みをされた後の受講料は理由を問わずご返却致しませんのでご注意下さい。必ず下記注意事項等をお読みになった上でお申込み下さい。

受講申込受付期間

2023年3月15日(水)まで

※定員になり次第、受付締切となります。

受講・修了報告方法

1.お申込・受講料入金完了後、講演要旨集をお送りします。発送までに3週間程度、時間がかかることがありますのでご了承ください。

2.薬剤師研修・認定電子システム(PECS)にログインし、「受講歴一覧」メニューをクリックしてください。

  受講申込された研修を検索し、該当研修の「キーワード」をクリックしてください。

  画面に掲載されている「配信サイトURL」をクリックし、視聴してください。

3.映像の中に表示された「研修会修了報告のためのキーワード」を、講義ごと及び表示順にメモをとってください(大文字小文字にもご注意下さい)。但し全ての講義に必ず3つずつキーワードが設定されているとは限りません。

4.修了報告期限までに「薬剤師研修・認定電子システム(PECS)」にログインし、修了報告を行ってください。

☆修了報告(キーワード報告手順)の仕方は、以下を参照してください。

 ※修了報告(キーワード報告)は、2023年3月31日までに行って下さい。
 ※この修了報告(キーワード報告)の登録完了によって、単位取得となります。未登録では研修修了とは認められませんのでご注意下さい。

5)研修認定薬剤師制度における集合研修単位が、薬剤師研修・認定電子システム(PECS)の「受講歴一覧」に表示されます。

単位数

【1研修会の全講演を全て視聴し、薬剤師研修・認定電子システム(PECS)へ修了報告期限までに登録を完了した場合】

 ・「国際感染症Ⅰ」、「国際感染症Ⅱ」、「国際感染症Ⅲ」、「大腸がん」の場合 集合研修 3単位

 ・「高血圧症」の場合 集合研修 2単位

 

※重複受講による単位取得の注意
研修方法を問わず、同一の研修会の重複受講による単位取得は、研修認定薬剤師認定申請の際の累積単位としては認められません。ご注意ください。

問合せ先