戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

書面での単位請求方法

受講シールの配布が行われない研修(グループ研修、自己研修、学会など)に出席した場合は、研修を受けた各個人が、受講シールの請求を当センターに対して行ってください。

グループ研修・自己研修の単位請求

 グループ研修・自己研修の受講シールについては、以下を郵送にてセンターまで提出して下さい。

  • 必要事項を記入した受講単位請求書(様式第10-1)
  • 切手を貼付し、宛て先を明記した返信用封筒

 

 なお、グループ研修・自己研修については、薬剤師研修支援システムからの申請も可能です。詳しくは以下を参照してください。

グループ研修および自己研修等 受講単位請求時の評価基準

グループ研修・自己研修における受講単位請求書(様式第10-1)の申請評価は、以下の基準で行っています。

  • 研修会の内容把握のため、プログラムなどがある場合はそれが添付されていること(コピーでよい)。
  • 目的・課題が明確に記載されていること。
  • 研修成果の記載について
  • 感想、研修課題の列記は研修成果とは評価しない。従って、研修課題に基づき、そこから具体的にどのような理解が得られたのか、どのような情報を得たのか、自分が学び取った内容を記載すること。
  • 成果が要領よくまとめられていること。
    (1単位の請求(グループ研修の場合は2時間分、自己研修の場合は4時間分)につき、250~500文字程度にまとめて、様式第10-1裏面を利用し記入してください。)

※上記、記載要領を満たしていない場合、修正のうえ再提出が可能です。

 

学会等の単位請求

 学会や地方公共団体主催研修会に出席した場合の受講シールの請求については、学会終了後1か月以内に必ず以下を郵送にてセンターまで提出して下さい。

  • 必要事項を記入した受講単位請求書(様式第10-1)
  • 参加の証明となるものの写し
  • プログラムの写し(主催者、研修会名称が判別可能な部分およびタイムテーブルの部分。ご自身が出席した部分に印を付ける)
  • 切手を貼付し、宛て先を明記した返信用封筒

 

なお、研修認定薬剤師制度では、集合研修として受講単位を請求できる学会の範囲が決まっております。それ以外の学会に出席した場合は、グループ研修もしくは自己研修となりますので予めご了承下さい。
詳しくは以下を参照してください。

 

【注意】

学会にて当センターの受講シールまたは他の認定制度(薬剤師認定制度認証機構の認証を受けた認定制度)の単位が発行されていた場合は、本請求の対象とはなりませんのでご注意ください。

ACPEが認証した国際学会のセッションの場合は

 ACPEが認証した国際学会のセッションに出席された場合のシール請求については、以下を郵送にてセンターまで提出して下さい。

  • 必要事項を記入した受講単位請求書(様式第10-1)(研修成果は未記入でも可となります)
  • ACPEが認証したセッションへの参加証明書
  • 切手を貼付し、宛て先を明記した返信用封筒

 ACPEの参加証明が発行される学会については、プログラムにその案内が掲載されますので、参加証明取得方法等は、各々の学会にてご確認下さい。