戻る

薬剤師研修支援システム

 

漢方薬・生薬認定薬剤師の更新申請

認定期間(3年間)が切れる約2カ月前に、PECS(薬剤師研修・認定電子システム)にご登録いただいているメールアドレス宛にPECSから連絡いたします。   
更新申請受付期間以外には更新手続きはできません。受付期間(認定期限の2カ月前から3カ月後まで)に更新手続きを行ってください。

 

2022年3月31日までの単位は、漢方薬・生薬研修手帳(もしくは単位集計表)に、当財団発行の受講単位(シール)を貼付し、必要事項を記載してください。
該当の研修で配付されていない単位が貼付されていたり、記載事項に間違いがあり研修の開催や受講が確認できない場合には、その単位は計算できません。

 

2022年4月1日以降の単位は、PECSでの更新申請手続きの際、「使用する」を選択してください。この操作を行わない場合には、その単位は計算できません。
認定更新に利用される単位がすべて、PECS上に反映してから、更新申請を行ってください。

 

更新に必要な単位が計算できなかった場合には、更新申請をお受けすることができません。
その場合には、お支払いいただいた申請料の振替、返金、次回の更新申請への利用もできません。ご注意ください。

 

お知らせが届いたら・・・

【注意】

認定証に記載するお名前に、機種依存文字を使用される場合には、認定申請手続きを開始する前に、予め、正しいお名前を記載したPDFファイルをご準備ください。
機種依存文字かどうかが分からない場合でも、一点之繞と二点之繞などの違いが気になるときは、PDFファイルを作成して、認定申請の際に添付するようにしてください。

1.必要な単位を取得されていることと、漢方薬・生薬研修手帳への貼付と記載を確認してください。
2.以下をご確認のうえ、PECS(薬剤師研修・認定電子システム)から認定申請を行ってください。

 

  • 申請料   税込22,000円(本体20,000円、税2,000円)

    

お支払いいただいた申請料は、理由の如何を問わず、返金や振替はできません。ご注意ください。。

当財団独自の領収書の発行はできません。利用されたクレジット会社又は金融機関の利用明細、あるいはコンビニエンスストアで発行された領収証を以て当財団の領収証とします。

 

3.IDカードをご希望の場合

認定更新手続き終了後(認定証がお手元に届いてから)、PECS(薬剤師研修・認定電子システム)からIDカード発行申請を行ってください。

更新方法のための単位取得方法

以下をご覧ください。

特別な事由による期間延長について

以下をご参照ください。

 

すでに期間延長を行っている場合には、お知らせしている期間で単位を計算してください。