戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

小児薬物療法研修会

概要と研修目標

 小児薬物療法認定薬剤師を取得するために受講が必須となっている小児薬物療法研修の「概要と研修目標」については、以下を参照してください。

 

 以下のページも参照してください。

平成29年度 小児薬物療法研修会について

研修会の目的

小児科領域における専門性の高い薬剤師の養成。

応募要件

1.保険薬局または病院・診療所での実務経験が平成29年3月末現在で3年以上あり、現に保険薬局または病院・診療所で実務に従事している薬剤師。

2.認定取得後3年以上は病院・保険薬局等で小児医療に係る薬剤師実務に従事する見込みがあること。

【注意】

1.認定取得後、実施要領に記載されている更新要件を満たすことができるかを吟味の上、申し込んで下さい。
2.研修(インターネット・実務研修)の受講に関しては、理由を問わず受講猶予等の特例措置はありません。くれぐれも計画的に受講して下さい。

定  員

250名

研修形態

e-ラーニング(オンデマンド)形式および総括講義(1日間の座学講義)

e-ラーニング推奨環境

以下の推奨環境をご確認下さい。

 

【注意】

1.上記推奨環境の確認は各自で行って下さい。なお、確認方法が不明な場合はパソコンを購入した店舗やメーカー等にお問い合わせください。当センターではお答え致しかねます。
2.上記推奨環境を満たしていても、各人ご利用のパソコンン等やルーター、モデム等のセキュリティ環境によっては再生が不安定になる場合もあります。ご利用環境に依存する再生不良等について、当方では一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。なお、CDやDVDでの提供は行いません。

受講料

51,429円(本体47,619円+税3,810円)(当該年度の試験受験料含む)。

 

【注意】

受講料お支払完了後のキャンセルはお受け致しません(受講料の返金は致しません)。
なお、実務研修(必須)に別途10,286円(本体9,524円+税762円)が必要となります。

プログラム

プログラムは、以下を参照してください。

 

1.e-ラーニング形式の講義(36コマ)

配信期間:平成29年5月~12月(12月は全講義を再配信予定)
受講確認:講義動画中に表示されるキーワードを報告。方法については実際に受講される方にご案内致します。

2.総括講義および試験(東京を予定。詳細な日程は決定後に公表。試験と総括講義は同日です。)

申込受付期間

平成29年3月14日(火)午前0時~3月24日(金)(但し、定員になり次第締切)

*キャンセル待ち等はお受けいたしません。

*締め切り後は定員に余裕があっても追加募集はいたしません。

【注意】

1.以下の申込み方法を、余裕をもって事前に必ずご確認下さい。特に薬剤師研修支援システム関係での当方への問い合わせや個人情報の設定に関連して当方で行う必要がある作業が生じた場合、作業時間として最低でも数日(土日祝日を除く3~4営業日程度)いただくこともあり、すぐには対応致し兼ねます。ご注意ください。
2.受付は先着順とし、定員に達した場合はその時点で締め切ります。なお、毎日午前1時~7時は薬剤師研修支援システム定時メインテナンスのため、申込等できません。また、キャンセル待ちはお受け致しません。

申込方法

「薬剤師研修支援システム」からお申込みください。
申込手順は、以下を参照してください。

 

【注意】

お申込み後、研修センターで申込み内容を確認します。その後、受講可否等を通知するメールが申込後数日から1週間程度で送信されますので、お申込み後はご面倒でも毎日メールチェックを行って下さい。
また、受講可となった場合でも指定する期限までに受講料のお支払をいただけない場合はキャンセル扱いとなります。

受講確認のためのキーワード報告手順

参考

研修会申込から試験まで

認定の要件:以下二つの要件を満たす薬剤師。

1.本研修会を修了(キーワード正答率100%)し、試験に合格すること。
2.当センターに登録された、小児科病棟で薬剤管理指導業務が実施されている病院における1日(原則6時間)の小児関連実務研修の修了(自施設での研修は不可)。

 

※試験や認定に関する詳細は対象者に別途ご案内致します。なお、認定申請の際には申請料(20,572円:本体19,048円+税1524)が別途必要となります。