戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

小児薬物療法認定薬剤師制度とは

小児薬物療法認定薬剤師制度とは

小児科領域において医薬品に関わる専門的立場から医療チームの一員として小児薬物療法に参画するための能力と適性を備え、さらに患児とその保護者等に対しても適切な助言および行動ができる薬剤師の養成を目的として、日本小児臨床薬理学会と日本薬剤師研修センターが平成24年度から創設しました。
日本小児臨床薬理学会については、以下を参照してください。

小児薬物療法認定薬剤師とは

小児薬物療法認定薬剤師は、小児薬物療法分野において一定レベル以上の能力と適性を持っていることを試問等により確認し、認定された薬剤師を指します。具体的には次のような役割を果たすことが期待されます。


1.医薬品に関わる専門的立場から、医療チームの一員として小児科領域の薬物治療に参画すること。
2.患児とその保護者および学童に対して、医薬品に関する指導や助言、教育を行うこと。

なお、小児薬物療法認定薬剤師の英語表記について、小児薬物療法研修委員会にて以下の通りとすることで合意されました。
JSDPT JPEC Certified Pharmacist in Pediatric Pharmacotherapy

小児薬物療法研修委員会

 小児薬物療法研修委員会は、主に小児薬物療法研修会の内容やプログラムを検討することを目的として日本薬剤師研修センター内に設けられた委員会です。下記委員より構成されています。

 

(五十音順・敬称略)
   石 川  洋 一(独立行政法人国立成育医療研究センター 薬剤部長)
   板 橋 家頭夫(昭和大学医学部 小児科学教室 主任教授)
   小 高  賢 一(医療法人社団三成会新百合ヶ丘総合病院 薬剤部長)
   河 田    興(独立行政法人国立病院機構京都医療センター 小児科医長)
   冨 家  俊 弥(昭和大学薬学部病院薬剤学講座 助教・昭和大学藤が丘病院薬剤部)
   増 原  慶 壮(聖マリアンナ医科大学病院 薬剤部参与)
   益 山 光 一(東京薬科大学薬学部 薬事関係法規教室 教授)
   松 原    渚(松原薬局ストア)

(2015年4月1日現在)