戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

特別な事由による認定期間延長について

本制度(研修認定薬剤師制度)に係る「特別な事由による認定期間の延長」については以下のとおり運用致します。

 

1.認定期間の延長の対象となる事由

(a) 妊娠・出産による産前産後および育児
(b) 病気療養
(c) 家族の介護・看護
(d) 海外赴任(配偶者等として渡航の場合も含む)

 

【注意】

上記以外の事由は個々の判断となりますが、転居、業務多忙や転職は事由として認められません。

 

2.考え方(日数等の算出は研修センターで行う。ただし、原則最長1年)

(1)事由発生日から事由消滅日までの日数(事由日数*)を算出

事由日数の考え方(原則最長1年)

(a)産前産後および育児の場合: 研修が全く行えなかった期間
(b)病気療養: 研修が全く行えなかった期間
(c)家族の介護・看護: 介護・看護期間
(d)海外赴任: 渡航期間(1年以上も可)

※(a)~(c)に該当する方で、1年以上の延長をご希望される方は、事前にEメールでのお問い合わせよりご相談ください。

(2)上記日数以上で月単位となる期間を算出

(3)(2)で算出された期間分を当初認定期間から延長

 

 

【注意】

期間延長の申請は、事由発生期間中に単位を取得していないことが条件となります。

 

3.認定期間の延長申請

期間の延長申請
新規申請の場合

・新規申請者の場合は、認定申請時に下記の様式、各々該当する下記証明書等を、認定申請に必要な他の書類と共に、各都道府県薬剤師研修協議会宛にお送りください(その後、研修センターにて審査します。)。

 

更新申請の場合

・更新申請者の場合は、事由消滅後、最初に単位を取得したら速やかに下記の様式、各々該当する下記証明書等を、返信用封筒(宛名記載・切手貼付)と共に研修センター宛郵送にて申請して下さい。

 

必要な添付書類: 下記事由の場合、それぞれ指定するものの写し

(a)産前産後・育児: 母子手帳の出生届出済証明書及び家族の氏名の記載欄部分
(b)病気療養: 事由発生期間内にその疾病治療のためにかかった医療機関の領収書(いずれかの時点のもの1枚で結構です)または診断書
(c)家族の介護・看護: 介護対象となった家族の続柄と介護内容を簡潔に記載した文書(様式は特に定めない)
(d)海外赴任: 日本国旅券(パスポート)の顔写真が貼付されたページおよび該当の出入国記録があるページ

 

4.結果の通知(既に認定をお持ちの方にのみ送付)

期間延長が認められた場合、当センターより新たな認定期間等を記載した文書にて連絡します(回答までに、最低1ヶ月程度はお待ちください。)。更新申請時には、必ずこの文書(原本)も添付して下さい。