戻る

Loading

薬剤師研修支援システム

 

薬剤師研修支援システムでの集合研修会の開催手続き

 研修認定薬剤師制度上の従来の申請方法に加え、「薬剤師研修支援システム」で集合研修会開催申請ができるようになりました。【従来方法併用型】と【支援システム完結型】の2通りがあります。

  なお、従来の郵送での申請方法は以下をご参照ください。

 

※事前に、研修認定薬剤師制度に則り、研修会実施機関登録をする必要があります。詳細は以下をご覧ください。

従来方法併用型

※本方法は、申請画面で「主催者が受講シールを配布する」を選択した場合のことであり、主催者は研修会の開催申請のみ支援システムで行います。受講シールは、研修会当日受講者に配布してください。

全体のながれ(必ずご確認ください)

設定→研修→終了までの流れは、以下を参照してください。

研修会実施機関による実施までのながれ

1)「研修センターから送られる仮登録書(実施施設・機関用ID・パスワード)を受け取ります。

 

2)同システムより、本登録および研修会種別許可申請を行います。本登録・許可申請方法は以下を参照ください。

 


(※上記 1)」から「2)」は初回のみ行います。同じ実施責任者が研修会を繰り返し実施する場合は「3)」以下を行ってください。

 

3)集合研修会の開催申請をします。本登録した「実施施設・機関用ID・パスワード」によってログインし、1研修会毎に開催承認申請をします。

 

4)研修会開催が承認されると、「承認」と記載されたメールを受け取ります。

 

5)受理書・終了報告書・受講シールを郵送により受け取ります。

 

6)研修会終了後、受講シールを配布し、研修会終了報告書・残余受講シールを研修センターへ郵送してください。

研修受講者による受講のながれ

(1)研修会の開催予定を「各都道府県で開催される集合研修会」で確認し、研修会実施機関に直接、受講申込みをします。
(2)研修会終了後、研修会実施機関より「受講シール」を受け取り、研修手帳に記録とともに貼付します。

支援システム完結型

※本方法は、申請画面で「受講者が支援システムより取得する」を選択した場合のことであり、主催者は研修会の開催申請・受講者の申込管理・終了報告等の手続きを支援システム上で行います。
受講シールは、主催者が配布するのではなく、受講者が自分で支援システムより取得(ダウンロード)します。

全体のながれ(必ずご確認ください)

設定→研修→終了までの流れは、以下を参照してください。

研修会実施機関による実施までのながれ

1)「研修センターから送られる仮登録書(実施施設・機関用ID・パスワード)を受け取ります。

 

2)同システムより、本登録および研修会種別許可申請を行います。

 


(※上記 1)」から「2)」は初回のみ行います。同じ実施責任者が研修会を繰り返し実施する場合は「3)」以下を行ってください。

 

3)集合研修会の開催申請をします。本登録した「実施施設・機関用ID・パスワード」によってログインし、1研修会毎に開催承認申請をします。

 

4)研修会開催が承認されると、「承認」と記載されたメールを受け取ります。

 

5)研修会受講希望者に同システムから受講申込をするよう広報します。「限定公開」場合は、申込の際必要な「受講申込パスワード」を受講者へ伝えてください。

 

6)申込締切日以降、研修会開催前までに同システムから「出席証明書」を受講者の人数分印刷します。

 

7)研修会終了後、受講者へ「出席証明書」を配布してください。

研修受講者による受講のながれ

(1)各人が「薬剤師研修支援システム」で個人情報登録(1回のみ:無料)後に受講申込をします。

 

「限定公開」の場合は、申込時に必要な「受講申込パスワード」を研修会実施機関に確認してください。
集合研修 研修受講申込手順については、以下を参照してください。

 

(2)研修会終了後、研修会実施機関より「出席証明書」を受け取って下さい。

 

(3)同システムより研修会修了報告をします(原則、研修会終了後1週間以内)。
いつまでに手続きを行うかは研修会実施機関に確認してください。

修了報告の仕方

 

 「薬剤師研修支援システム」にログインし、「研修会修了報告」メニューで、実施責任者から渡された「出席証明書」の修了パスワードなど必要事項を入力してください。
研修認定薬剤師制度における集合研修単位がシステム上に表示されますので、お手持ちのプリンターで印刷し、単位は薬剤師研修手帳に記録とともに貼付してください。
※薬剤師研修支援システムの受講履歴(受講履歴一覧)に記載される研修については、受講シールを貼付せず、受講履歴一覧をプリントアウトしたものの添付でも結構です。